« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月27日 (火)

ドレスデン爆撃について

ドレスデン爆撃について

ドレスデン爆撃はある種、広島・長崎の原爆投下より被害は酷かったとも云われていました。でも広島長崎より酷いとは何事とクレームがついたのかな。
まあ匹敵する被害だということで落ち着いているのでしょうか歴史認識。
この被害規模論争にボネガット自身が巻き込まれたのかどうかは忘れました。
でもボネガットはこのネタを小説化し、また講演等でことあるごとに話題にしています。人類の記憶が風化されないように。

さて長崎市長殺害事件が裁判で判決がでたようです。
新聞記事がでていました。
でもこれ。ほんとうにいち暴力団員の私憤を晴らした事件ですか。
もっと思想的闘争・政治的背景はなかったのですか。
詳細に私は詳しくないので毎度の印象論で申し訳ありませんが。
でもひとりを死刑にして一件落着でいいのか、やけにヒッカカリます。
否定しても否定するたびオズワルドやレノンのチャップマンが想起されるんですが。

聞けば事件に遭った長崎市長は広島市長なんかと違い(←問題発言ですか)、積極的発言で世界的ステージにまでコミットされたらしいですね。
そのコミットメントゆえ、なにかの不可視の地雷を踏んでしまったのでは。
そう考えて行くのが、とっかかりではありますが、自然なのではないですか。

某文部省の西洋重視や、某NHKの大本営発表垂れ流しのニュースで、築きあげられてしまった常識からは疑うことさえ、KYあつかいされてしまいます。
--
(空智、もとい殻智),
mathE.. matica

添付画像も『Rails』のカバーめくったとこです。81diverのメイドさんの膝がちょっとだけ写ったかも。

ミステリなんかだと、異端者ひとりを排除するために近傍全部が外部化するなんて、よくある筋立てなんですがね。
外部には距離が近かろうが永遠にたどり着けない。
非合法を合法にする“掃除屋”の存在を仮定すれば...。
突飛。ですか?
もともとボネガットも突飛、でしたよ。
宇宙を内部にとりこんで。それをカルト・ファン=大学生たちは、sf文脈に貶めて読まなかったのが偉かったのでは?
いくら火星探査機が火星に着陸しようが、SF、科学文脈に貶めて、自分に危険はちいとも及ばないのであれば、どんな情報も、クソの足しにもならない。

ああ太田の帯・推薦文にあたしが激しい拒絶を感じた理由が今わかりました。いまのお笑い・エンタテイメントの一部のカテゴリされ、読み手・観測者がいつまでたっても危険に陥らないからだ!
太田ファン、爆笑ファンごめんなさい。
でも(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Re: 川田亜子死去

mathE が2008年05月27日09時59分30秒
に送信したメールのフォローです。
>川田さん自殺!
>
>TBS辞めたときはちょっとびっくりしました。
>アメ・ブロガー!
>がっちりマンデーの経済予報士見習いとかはちょっと好きでした。
>番組企画で自腹で証券口座開設させられたり、堺屋太一の口車に載せられて中国株(モンゴルだったかも)買ってみたり。
>最近のアナ(女子アナ?)は自己顕示過剰過ぎですよね。
>小コーナー担当する女子大生?かポッと出の新人モデルとかにも対抗心メラメラ燃やしてるのが見えちゃうとちょっと辟易。
>朝7時のNHKでもニュースで朝からなんて怖い顔してるの、と先日も思いました。
>川田さんも疲弊してしまったのでしょうか。
>ご冥福をお祈りします。
>
--
(空智、もとい殻智),
mathE..

上記ポスト。メンテ中ということでアメーバブログに弾かれました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月25日 (日)

墓参り

墓参り
昨日行ってきました。
雨降る前でよかった。
10月よりは集中できたでしょうか。

--
(空智、もとい殻智),
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

松本剛明

東大卒、法学士。二世議員。名家のご出身。
まだ若い。
弁護士ブームに通底する法Lawですべて捌けると見るティップかも?
民主では前原グループ。超党派的にアメリカに感化されてるタイプか。
以上wiki 見ての私的雑感。

かんたんにいうと既得権者ね。
それはそれは特権、手放したくないでしょう。
--

なぜネットでフィルタリングばかりが論じられ、ケータイ通信機器の電磁波の人体への影響というもんだいは無視されつづけるのか。
故意か。無知からか。悪意か。
既得権絡みのタブーか。
たとえば、この松本剛明氏に聞いてみたい。
あなたのフィルタリング・ケータイ規制にかける情熱の真意とともに。
(松本さん;あなたがワシントン流、フィルタリング技術を研究済みなら私のこのポストもすでにひっかかっているでしょう、要注意人物のblo.として。
お応えください。)

--
(空智、もとい殻智),
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

news: (この政党は誰の味方?)フィルタリング義務化、民主*

アメリカの民主党ではありません。

◇民主党が有害サイト対策の法案骨子を公表、携帯フィルタリングは義務化
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/05/22/19652.html
(最新のInternet Watch/ Impress 社のメルマガより)

以下抜粋(主要な部分はサイトに飛んで読んでくださいね):

 また、国や自治体は民間の活動を財政上の措置を含めて支援するものとして、フィルタリングソフトの開発事業者や、有害情報に関する通報を受け付ける団体、フィルタリングソフトの評価団体などに対する支援を定めることとしている。
 (引用一時終わり)

これ。また第3団体を制定して新たな利権を産ませ、役人の天下り先にするだけでしょう。そして(真の意味は)裏で「お上」に下々の情報を抜き取るシステムをつくり、利用する気でしょう。自民と同じ。ワシントンD.C.に右倣え。(以下引用再開)

 民主党の「違法・有害サイト対策プロジェクトチーム」で座長を務めた松本剛明氏は、法案について「有害情報規制法ではなく、インターネット利用環境整備法だ」として、表現の自由は確保しつつ状況の改善に向けた措置を講じていくと表明。今後については、「今国会で成果を得たい」として、与野党間で話がまとまれば成立を目指す考えを示している。
 (引用終わり)

松本剛明;
おぼえておきましょう。
ヨロシク。
--
(空智、もとい殻智),
mathE..

まえから予感が強まってますが、民主って自公以上にその一部はワシントン寄りかも。
--

mathe blo.ってほっとくとこんなんバッカになってしまう?すこし戒めます。
政治ブロではないので。
政事にコメント吐いても事態は変わらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

news: 宇宙基本法参院可決*

Q:日本が自前で有人飛行をするのはいつのことでしょう
A:moppu 讃のコメントでのご質問に応えるのを忘れていました。

熱も本気度も(←両方おなじこと?)ないので当面ムリでしょう。というか関係者、そんな気ないのでは。JAXA?でしたか先日のNHKのゼロ(←ふたつの番組名ごっちゃになってる笑)を見ても宇宙科学関係者のやる気のなさ・感動のなさは、芸術家・一書道家に見透かされるほど。宇宙基本法でさえ、対宇宙を真剣に案じての法案では断じて無く、ブッシュ・チェイニー(←師弟関係逆らしいから順番ひっくり返しましょうか苦笑)の軍事産業拡張路線を見倣い、ニッポン経済界巻き込み便乗しただけ。その証拠にフリーの科学者は反対表明できるが、お国・大企業からスポンサード受けてる大生命誌の館長さん等はなんにもだんまり決め込み、(ねえ某中
村先生)。最近増えてる日本人宇宙飛行士も全員ワシントン寄りなので彼等から宇宙空間の科学的真理がもたらされる可能性はゼロと思われます。

ニュースが飛び込みました:


http://www.komei.or.jp/news/2008/0521/11559.html
公明新聞

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008052100059
時事通信

ー21日午前参院本会議で自公民賛成多数で可決。
 公布から3ヶ月以内に施行。
 ミサイル防衛(MD)用高性能早期警戒衛星導入等。
(引用終わり)


民主。莫迦野郎!
↑きたないことばを吐いてごめんなさい。
自公はこれまでで腐ってることが自明でしたが、これで投票できる政党は存在しないことが示された?

とりあえず賛成票投じた議員全員チェックしますか。
彼等は友星人の存在を消す(=神話化)BPOと同工の輩です。

--
(空智、もとい殻智),
mathE..

subject 、ポストの題の最後にアスター“*”を付けました。
これは、ココログ-nifty側のmatica blo.にも投稿してます。
保険のため。
(これまでは二重ポストをした、matica 側にだけアスター付けていたんですが、...しばらく忘れたりしてましたが)
これで万一、アメブロ=サイバーエージェントのフィルターに掛かり削除されても、見比べて、「フィルター」の存在が明らかになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

フリューブ:A Webzine of Astonishing Tales



これが誌面#1号に書かれたフリューブ誌のコピー。
↓つぎがフリューブ#1号の編集のことば;

August 20, 2006.
Hi, I'm Rudy Rucker, editor of Flurb.
最近ポール・ディ・フィリッポと私は“Elves of the Subdimensions”(下位次元の妖精???)という物語を書いた。
我々は急いで出版しようといくつかSF系、ホラー系のウェブマガジンを廻り、こうるさい連中に失望させられた。
我々の話はたぶん...astonishing に過ぎるのだ。

そのとき啓示を得た。もし私の望む全てがフリーキンなウェブ出版の一片ならば、うたがうべくもなく屈服の痛みは紙媒体誌でも同様。なぜ自分で始めない。

そう私は『フリューブ』始動を決め、この種の私が読みたいストーリーを提供する。ヒップで、機知に富み、ディープでunafraid なものを。
(引用訳終わり)
(翻訳の拒否)
--
(空智、もとい殻智),
mathE..

さてastonishing をなんと置き換えましょう。
DicLand(アドエスの辞書プログラム)では
 驚き n
の a=形容詞になってるんですけど。
 Amazing!
で如何?日本語になってない?wara
 ヤバイ
って感じですかね(笑)。←おまえはExile か!
ラッカーも書いてますが、
 astonishing
なものをunafraid する(恐れない)ってのが21世紀の新キーワードですかねえ。
さて編集のことばは、誌名・フリューブの由来に続きます。が、その下位次元の妖精?を読まないと分からないみたいなんです。ちょっとお待ちを。じゃなくてご自分であたられよ=DIY&do it myself!

地球地磁気落ちてますからね。
太陽活動も。
前例。かつての方程式は通用しません。
いろいろあっても unafraid でね皆さま!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »