« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月25日 (金)

via web 思想について(京ぽん2・テーマ)


本日、アドエスを故障から帰ってきたついでに、データ専用・定額制に切り替えてきました。
で通話が不可になったので以前使っていた京ぽん2を、電話機として復活させました。
当記事、どちらかといえばテーマは
 「web2.0」
でしょうがいまさらこの言葉は恥ずかしい。
DoCoMoも2.0キャンペーン終了することですしwara 、仮に「京ぽん2」にしておきます。魚輪氏の京ぽん本のインパクトも大きかったですし。

viaweb 系ではポールグレアム氏の文章はネットに優れた翻訳文がゴロゴロ転がっていますのでそちらを見ていただくとして、わたしのvia web思想観(死相環?)を少し。
って未だ漠然としてるのですが。

15年以上前でしょうか、IC屋、墓石屋さんに非ず、笑)
まだ商用インターネット接続も無かった時代、
(しかしniftyserve〔@nifty 以前です、笑〕→aol →経由で当時もInternetのゲートには接続できた、かも)
石屋さんの友人(IC屋、墓石屋さんに非ず、笑)がどこで情報仕入れてきたのか、将来マシン(コンピュータのことネ)の中身は空っぽ、キーボードとディスプレイのみの端末と化し、すべてのデータはオンライン上に蓄積されるという説を唱えてました。

ある種、いまのネット時代を予見していたわけですが、はたして今、どうでしょう。google はその思想を体現しているようであれ、複雑な規制とマシンの重さ=?巨大化、インフラ業者と官庁の思惑でそう単純なものには落ち着かず、巨大かつイビツな異形の生物が誕生しつつある気がします。
新デジタル業界のコピー・ワンス(もしくは数回のみ)思想とか裏のどす黒い地デジ産業の利権とか、内情に疎くとも誰しもまるで触れたくない性悪女、を感じるのでは。手が着けられない。
最低な社保庁の年金操作と相似形の手つきが見え隠れ。まだ世間の関心がそこに到らないのでバレてないだけとか。

(ヒトが宇宙と繋がるすべを失う、バカな御上の統制=人民家畜化政策により、)時代に誰かが宇宙と繋げるラジオのような小型通信機を開発し、それがまた御上により、破壊されるが、別の誰かが、そのラジオの設計図を入手、コピーを闇でばらまく。
P.K.ディックの“little black box”(原題、冠詞“a”がついたか、“-es”と複数形だったかも)という短編が確か、こんな内容だったような。(長らく読み返していません。で、この短編の邦題、ならびに収録文庫本、忘れました)(RudyラッカーSr はディック賞を2度、受賞しています)(ディックはSF界の巨匠で、SF史では
 サイバーパンク(ラッカーやギブソンが属す)
の直前に位置する重要な作家ですが、生前は殆ど不運な作家でした=つまり稼げなかった。で恨み節全開な作風もThe Smiths に似てる?wara )
これ、確か、『電気羊』のもともとのネタ・オリジナルだったとか。
電気羊(通称)はあの有名な映画『ブレードランナー』の原作です。それぞれぜんぜんちがうんですけどね(笑)。
電気羊はブレードランナーみたくカッコヨクナイし、“little black box”も電気羊とぜんぜんちがう。

さて。
SFのごとく鎖国が完成された地球=ニッポンで、われわれは“little black box”を手に入れられるのでしょうか。
--
(空智、もとい殻智),
mathE..


-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

“hylozoic”?

先日のポスト。R.ラッカーSr のナノテクがすべてを変える三部作の第2作として予定されるという、
 Hylozoic
なる題・語が訳せなかった・というか知りませんでした、ので調べてみました。

なお、アドエス=willcom,advanced [es] は辞書機能がすぐれているということで、そのdicland で引いてみました。出てきません(泣き)。

ネット検索で;
http://dictionary.reference.com/browse/hylozoic

↑3つの結果のまんなかがわかりやすい、?:

 全ての物質に生命(命?)がある、なる哲学的ドクトリン

なんかいきなり「ナノテク」とかいうから技術小説になるのかと思いきや、ラッカー先生。期待をうらぎってくれそうです。

The Smiths;実は音聴いたことなくてあたし、活字Rock世代なんで、でも名前が強力に印象づいてるのは、SF翻訳小説の解説文等で熱く熱く暑苦しく?wara 語られてるんですよね。さすが英国文化。反逆伝搬します。

J rock? J pop? J ミステリ? はたして反逆伝搬Virus でしょうか。(**)

おっとラッカー先生はそのVirus 、ニッポン・イミグレ検閲でしっかり弾かれてるらしいです←あたくしの確信的疑念ですが。どうも1999『円盤の智慧』から。(##)

--
(空智、もとい殻智),
mathE..

** 病気共生的微温、とか云ったらファンのみなさんに殺されますかね、wara 。

## ネット時代だぜ、窓際=港・検閲されたぐらいでそのまま黙ってるの?、というのがあたしの今の気分です。嘗められてるんですよ!


-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エドワード・ローレンツ氏死去

エドワード・ローレンツ(カオス理論を提唱した米気象学者)
16日、癌のためケンブリッジの自宅で死去、90歳。MITが発表。

初期条件のわずかな差が後に大きな違いをもたらすとする「カオス理論」を提唱。これを端的に表現した72年の論文「予測可能性ーブラジルでチョウが羽ばたくとテキサスで竜巻が発生するか?」は「バタフライ効果」として広く知られるようになった。91年には京都賞の基礎科学部門を受賞。

(東京新聞17日夕刊より抜粋)
--
(空智、もとい殻智),
mathE..


-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

“田中康郎 裁判官”さん

先述の田中裁判官をサブジェクト“”内の単語で検索するといろいろモンダイありそうな記述が見られますね。
(お名前単独だと同名の声優さんがひっかかります。
単独でwiki等に登場するお方では未だないみたい)
 税金泥棒
とか書かれたサイトも。裁判官というお仕事は無罪を連発するとお上の評価が下がるなる記述も見かけました。

植草裁判一審の裁判官もしらべましょうか。

ということです。

いちばんいいのはご本人にあったり、裁判記録を読んだり、裁判を傍聴することですが、そこまではなかなかできませんから。

ニュース読みとはニュースを疑うことから、でしょうか。

--
(空智、もとい殻智),
mathE..


-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

news: 植草氏痴漢裁判二審も有罪

さて、
 意識による宇宙旅行
の次は、陰鬱な現代
 地球引力下
のニューズ、です。
該当コンテンツなくてすべて私の駄文のみで、すみません。
午後の
 BSニュース
で知りました。二審の裁判官
 田中康郎
だそうです。被害者=女子高生の
 供述は信用に足る
とBSニュースでは報じられていました。

以前「パンツパンツパンツ!」とか記事書き掛けて放っていましたが、
 警察官の前で痴漢に触られたパンツを脱いで証拠品として提出した
「女子高生」の供述、が「信用に足る」?(上記インデントの表現は日本在住ジャーナリスト・フルフォード氏の著書で知りました。今手元に本がないので厳密ではありませんが)
どう考えてもお年頃の女子がこんなことしないでしょ。如何です?
フルフォード本では「女子高生」は囮捜査中の私服婦警だともあったような。たしか。

これで最近の傾向に則って、植草氏の上告・再審もリジェクトされてしまうのでしょうか。

氏は無罪だと私的には感じていますが、仮に事実が有罪だったとしても、事件以前に学者・プロ評論家である氏が、Wサテライト・ニュース等公的メディアで、
 普遍的代理人
としてどういう告発を行おうとしていたかも等しく検証されねばならない、でなかれば不公平だと強く感じます。
たんなる世に認められない性欲を満たそうとした変態の事件として葬られるのには抗議します。今度のメディアの報じ方しだいではそうなってしまいそうですが。

あたしの文章ですから暴走ネタバレさせてもらいますと、普遍=不偏(偏らないの意)の代理人の仕事に反発した、
 私的公僕
なる存在の可能性がごく自然に予感されます。


--
(空智、もとい殻智),
mathE..

--
当記事は当然、matica-ココログ・nifty にも保険を掛けます。wara
この手の分野、アメブロないし斎場社長にまだ信をおいておりませんあたくし。
通信業としてのユーザ=
 ネットワーカーの自由
に対する認識がまだまだ無い(←「足りない」に非ず、wara)気がします。
あしからず。

--
わたしが
 ネットワーク
と書くときの概念は、ニッポン総務省の管理下・想定下にあるものではなく、宇宙空間をも飛びます。(郵政管理下時の方が若干ましだった???)


-----------------
sent from W-ZERO3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

news:広告批評休刊

news:広告批評休刊
昨日の東京新聞を接写;
 「広告批評」来年4月休刊
だそうです。創刊させた天野祐吉氏は現BPO委員。

最近のBPOはついに子供までまきこんで正義の普及に熱心ですね。

ついでに書けば年末?のBSブックレビューに天野氏出演し、ボネガット最後の著書(金原訳)の紹介をされてました。


iモーリー
 http://i-morley.com/blog/
で、安倍昭恵・ダライラマ会談の内容をはじめて知りました。
(MSNニュースでも報じられてたそうですが見てません)
どうでもいいですがACCSはなにをやっているのでしょう、
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/04/10/19171.html
バカか!←しつれいしましたあwara 。

--
(空智、もとい殻智),
mathE..

この記事matica ココログにもクロスポストします。
「保険」かけるほどの危険度はないでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »