« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

青木愛、ネット政治、宇宙細胞としての通信

またYAN−C讃のコメント欄、お借りしました。

http://ameblo.jp/sukinakoto/entry-10045276460.html#c10064596641

感謝あるのみ。

--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

ameblo.jp繋りません

404ではない新たなメッセージで。
「パラメータエラー」とかなんとか。
新サービス・アメンバーとかの影響か。
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月28日 (火)

乾くるみさん

ネットで見付けた文;

http://www6.ocv.ne.jp/~tsuki/0306.html

(↑これ書いた人、だれなのか知りません)
ここの6/11の記述

 別名での評論活動

って?!
この文がすでに2003年。
あぁ、別な乾さんの名前。
知りたい。すごく。
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

日本語wikiラッカーの項について

日本語wikiラッカーの項について
http://ameblo.jp/alice-in-wonder-land/entry-10044420800.html#c10063721159

アキ。讃のブログのコメ欄、お邪魔しました。

--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

アクセス情報解析ただし此処ログの**

アクセス情報解析ただし此処ログの**
此処ログ追記【
 こんな日記記事此処でバックアップとらなくてもいいんですが間違い訂正の為、笑

(この記事は日記です)
スパム・トラバ削除をしたついでに、アクセス解析をひさびさ(初めて?)のぞいてみました。ただし、ココログ-niftyの。ameba.jpのは京ぽんからでは重すぎてムリです。←そういう"常識"があって此処ログでも見れないものだと思い込んでいました。こんなに軽いのかと意外に感じます。

アクセスに到る検索語上位を見ると、さっき削ってしまったエロ・スパムトラバのものばかり。それ以外はわたしが批判対象にした有名人関連の固有名(笑)。こりゃ嫌われた。おそらくその固有名のファンの方でしょう。二度と見に来られないでしょ♪サヨウナラ。"ルーディ"**ないし"R.ラッカーJr"

↑此処ログ追記【
 まちがえてます"Jr"ではなく、
 Sr

で見に来られた方はゼロ。まあ、matica@ココログ-niftyは『円盤の智慧』とかうたってないから当然かも。
--
xσ,
mathE..

**…
ハヤカワSF文庫のリストではRudy RuckerのRudyは「ルーディ」の表記。
他社の科学書(=非小説)では「ルディ」だったりします。
新潮文庫はどうだったか。

外国人名表記もんだいではおとといの新聞はJennaを「ジェンナ」にしてましたね。


どうでもいいですが思い付いたから書きますが、ヴォネガットなんかは早川でハードカバーで出てから、文庫になってました。
R.ラッカーはいきなり文庫でついに出なくなりました(リスト追放?)。


さらに脱線;
まともに追ってないから詳しくないですが同じくサイバーパンクの雄、ギブソンはリストを、角川とか他社に盗られてなかったでした?新刊。

此処ログ追記【

90年代に再再結成したCrimson。ギブソンの映画化(ポシャったらしい、この企画)のサントラをFrippが依頼されたのが復活のきっかけ。とはCrimsonファン、音楽ファン以外に知られていないようなのでまた蛇足ですが。
ラッカー『時空の支配者』の映画化は完全にポシャったんでしょうか?
再ブームが欲しい(笑)。
ラッカー、1999親U(fo)派宣言をし(たようなもの、笑)てしまったらムリか、この「鎖国」時代。
↑ML『円盤の智慧』は最初
 蘭学言始め
と付けるつもりでした。鎖国中っぽいでしょ(ウフフ)。抽象的な喩えは止めよという賢者の指導に依り変更しました。円盤の存在をギロンするなんて百年遅れてますよ。:-D

↑さらに此処ログ追記【
 ラッカーを狂人あつかいするなかれ。
 大学教授や公職につく人がU等に関して信条を明らかにすることは極めて珍しい。
 みんな黙っているのです。
 ↑N・H・Kの正体を思い出してください!maticaの読者の皆さん!!

 それを知らずに発言がない→∴存在しないのだ、と一般人が思わされているのはあまりにあまりに愚かです。目覚めてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

キューマ、恒三

猪狩屋議長の会議室、お借りしました;

http://ameblo.jp/yomi9999/entry-10041949616.html#c10062493073

また問題発言?

--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

news:ジェナ(大統領の娘)婚約**

news:ジェナ(大統領の娘)婚約**

米ホワイトハウスは16日、ブッシュ大統領の娘ジェンナさん(25)が15日にホワイトハウスの元職員ヘンリー・ヘイガーさん(29)と婚約したと発表した。結婚式の日程や場所は未定という。
ヘイガーさんは、ブッシュ大統領の2004年の再選選挙も手伝い、今秋にはバージニア大学の経営学修士課程に戻る予定。父親はバージニア州の共和党委員長で、元同州副知事。

(以下略)

 (本日の東京新聞夕刊より)


ジェナが双子であることに記事は触れてないですね。


http://www.thefirsttwins.com/

↑これもR.R.Jr関係サイト。

--
xσ,
mathE..


紙面、その上の記事が
 『米陸軍で自殺者増加』
  湾岸戦争以来最多
でした。
特措法云々と日本でお話しになってる方々はこの事実をご存じか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

Madness in my Soul**

Madness in my Soul**

残暑←チトチガウトオモウ藁、お見舞い申し上げます。
あつくて京ぽんもブッ飛びました(熱暴走?)。暴走=覚醒、ならいいんですが(笑)。

『角川春樹事務所(1998)刊
・ボーダーランド文庫所収/大沼忠弘訳/通称:
 同乗記
/原題:Inside the SpaceShips

なぜ『おお振り』がフレーム取り(笑)?

さて。

これ。角川文庫でも70年代?、リストに入っていました。
で。
角川春樹俳人の逮捕事件があり、リストから散逸したのか。
品切?絶版?通常の書籍の運命を辿り。
その後。角川春樹俳人が出所され。当時、本郷のお店は出所祝に湧いたそうです。
角川書店を離れた角川春樹俳人。角川春樹事務所を立ち上げ、
あの宇宙からの至宝「同乗記」を再度、新文庫のリストに取り挙げてくれたのでした!
(↑無意識にエクスクラメーション・マークを附けていました。)
刊行98年ならBPOはじめ、宇宙問題へのあからさまな締め付けが厳しくなっていた年代のはずです。

その家畜化政策を強めた蛮国ニッポンにて自らのリストに奇書(←一般のイメージ)を再度組み込む、角川春樹俳人の勇気は賞賛に値します。

聞くところによると(このネタ、メフィストMLでは何度か書きました)、角川春樹俳人は真夜中に突然電話をかけてよこし「○◎君(←某会社社長)。いまからUFOを見に行こう」と、うしみつどきに富士山麓に車を走らせる。こういうかたなのだそうです。
こういう"狂気"(←誉め言葉です)がなければ、世間の冷ややかな空気・視線に足をとられることなく、革新的宇宙的仕事の遂行はありえないのだと改めて思ったしだいです。
(だれかさんのように自分で自分の仕事を「改革」だというのは簡単ですが)

本当はML『円盤の智慧』でほったらかしてあった、R.ラッカーSrのUfologistのヒストリーをまとめた文(=The UFO show所収。もともとは1999Rucker『円盤の智慧』の一部?)を紹介しようと思っていたのですが、「鎖国中」ニッポンには、別の"紹介"がいいのではと思い直しました。
原著者の名を記事中、伏せました。どうせ、すぐ分かってしまいますが(笑)。
ニッポンUfo学界(んなもんあるのか、笑)では無視され、本国アメリカでは現在詐欺師あつかいなのだそうです。
さらにはこのキーワード(=原著者名)を各検索エンジンで逆サーチしているという噂さえあります。∴(ゆえに)今回はわざと削りました。ご理解ください。
--
xσ,
mathE..

Ufologyの特殊性。
さらにニッポンUfologistの特異性(←やわらかな表現にしました。やればできるんだあたしだって。笑)がありますので、Ufologyと銘うつよりも、ラッカリアン(=ラッカー・ファン)・サイトとしてました。
そしてこれからも。


追記】
大沼氏の訳は名訳です


以上、
飴風呂mathEアップ済み。
ですがフレーム・アウトのことを書きそびれています(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

『ゴ』(続き)

やば(汗)。
巻数書いてある(ドキ)。
アメバ批判なんかよりこっちのがよっぽどマズイ(笑エテナィ)。

今日本屋に寄り、ゴのお目当てありませんでした。で
 おお振り#01
買いました(笑)。←やっと笑えた(笑*02)。
ひぐちアサさんって、大森美香さん似てないですか。
わたしの知らない「物語り」クリエーターの世界だから、似て見えるの、かな。
巨乳の先生、すごすぎぃ。
--
xσ,
mathE..

さてゴの目的巻、アマゾンで注文すべき?
でもそれならラッカー新刊(複)が買いたい。
あたらしくて『フレックand theエレクスィール』で止まってるのであたし;
『生命箱,貝殻and the Soul』*
『恋する数学者たち』
『ポストsingular』
がまだ未購入!:-0


上記*付きは非小説。
(『ポストsingular』はどっち?)
--
tokio『宙船』ってマイボス・マイヒーロー(大森美香作品)の主題歌だったんですね。
ピンクフロイドの訳語に"宙船"はあんまり???
センスなし?
短編集は省きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISP,トランスペアレンシィ、通信=宇宙細胞の基本概念**

ISP,トランスペアレンシィ、通信=宇宙細胞の基本概念**
またYAN−C讃のコメ欄にヤドカリ(笑)する形でギロン(controversialなもんだいで)展開してしまいました。
しかもYAN−C讃の事前了解なく(苦笑)。
すみません;

http://ameblo.jp/sukinakoto/entry-10042513446.html#c10061232290

 「無事なら消える記事|SUKIなこと;コメント欄」

ISPや「通信」概念について基本的Cosmicなことを書いたつもり。
なお保険として当記事、飴風呂と此処ログ=maticaにクロスポストします。
関係各位。お手数お掛けしますが。ご理解ご協力のほど。
--
xσ,
mathE..

通信って、放送で言うところのBPO(←最近夏休み中のみのもんたイジメてましたよねBPO)や、お相撲の横審委みたいな、第3者権力機関が"統御"するってありえないんですよ。
トランスペアレンシィを日本語・カナに割っちゃったからこれも↓(笑);
ビュウロクラティックな管理がありえないのが「通信」の本質なんです。
R.R.Jr.なら十二分に理解活用している特性でしょう。
(∵すみません。ここ『円盤の智慧』番外ブログですから。
烈しい逸脱。ごめんなさい)
それがブッシュ家ファースト・ツインズに関するトランスリアル短編『ジェナと私』の正しい読み方だと思いますよ。
:-D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

『ゴ』

↑なんて略し方(笑)
#145読了←読むのが遅い?
お目当ては#144でしたぁ(*_*)
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

「ミステリ」傍流?

ゴルゴ#145買いました。
これから読みます。
かつて松本清張が担っていた役目をゴが引き継いでいる?皮肉な。
清張氏が"傍流"とは失礼な表現か。
でも誰にできるものでもなし。
--
xσ,
mathE..

笠井さん(潔)の清張嫌いは何故?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

茂木健一郎の森博嗣『F』投げ捨て事件

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2005/01/post_47.html

あら(笑)↑これも此処ログ:-D

これについての記事をメフィスト城@アメブロにポストしようと考えてはや2年?
--
xσ,
mathE..











| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »