« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

今DoCoMoの児童用フィルタリング~**

今DoCoMoの児童用フィルタリング~**
サービス(アダルト、危険サイト排除)のテレビCM、初めて見ました。
ヘドが出ます。

そんなCF流すなら;

 ウチのケータイからはこれだけの数値の電磁波が流れます
 その危険性に留意してお子様に買い与えください

 というメッセージを煙草メーカーのように流すべきでは?

しかもこのフィルタ・サービス自体、商品なのです。
DoCoMoは、ケータイの社会的科学的、未来の機能までも含めて考える、研究機関を持っていたはずです。
なぜ電磁波と生体への影響、利用形体の研究(=現在のケータイは電話として利用するとき、耳、=最も脳に近い器官、に近付けます!)を発表しない? いったいなんのために設立された「研究」所だ!

見識を疑います。
--
xσ,
mathE..

アメブロにポスト後、数時間。ココログにもupすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

ユウキ讃すみません

ユウキ讃すみません
また他人さまのブログでこんな;
 ユウキ讃ブログ、記事「月のパワー」
http://ameblo.jp/bakabon9152/entry-10040976775.html#cbox

 に勝手なコメ付け。
m(_ _)m

なかなか治りません。
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

ファンサイト?,sf

ファンサイト?,sf
本当はファン・サイトではないので看板掲げて挙げ奉っても殆んど意味がない。
ニッポン文壇+出版界が約10年まえに無視し、存在(感)を消去した、その理由を考えよ。

換言すれば;
支持(師事?)しなければならない理由があり・明らかにしてくれた(存在理由の逆証明***)ということになる。

【***
こういうことはときどきあります。
 No,no,no
と言い続けてくれることで彼等が信じる
 YES
の根幹に近いことを告白してくれてることは。】
--
xσ,
mathE..

Mundaneを調べようと日本語wikiでまず、
 "SF"
をチェックしました。驚き呆れました。「村」。ですね。
--

また「ブラック」だったでしょうか(^^;ゞ
しかたないです。:-D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは進歩か混乱か

これは進歩か混乱か
 「どこまでが補償の対象?」(インプレスnews)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/07/11/16312.html
--
xσ,
mathE..


各文会どおし揉めている?

あとで書けたらmathE
http://ameblo.jp/mathe/
で記事にします。むりかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

霊、Soul,陰陽師、Consciousness

霊、Soul,陰陽師、Consciousness
また人様のコメント欄で勝手なことを吐き出してしまいました;

http://ameblo.jp/fcb-dee/entry-10040782591.html#c10059044934

Dee讃すみません。
と此処で書いても読んでもらえないですね。
感謝の念だけ送っておきます。

まだ未分明。
でもなにかつかめるか。
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

Rudy's Blog:dark stuff is consciousness**.

 小説家で数学者、コンピューター科学者、
RudyラッカーSrのブログ、
 07月15日(最新ポスト)の記述:
http://www.rudyrucker.com/blog/2007/07/15/on-mundane-sf/

(コメント直前の)後ろの方を見てください;

 dark stuff = {宇宙の|ダーク・マター&ダーク・エネルギー} は意識である

という記述が。


すみませんまだぜんぶよめてません要約もできてませんとりあえずのご紹介のみ。

追記】

ダークマターとは最近は日本語で、「暗黒物質」と訳されています。

暗黒物質の性質:
 #1.見えない
 #2.質量あり
 #3.私たちの周りに飛んでいるがすり抜ける
 #4.宇宙の初期につくられ、安定

(以上、科学番組『サイエンスゼロ』より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

河合隼雄先生お亡くなり**

(以下アメーバブログ:
 http://ameba.jp/mathe/
と同内容ですがサイバーエージェントの信用性のため?、保険としてmaticaにもポストします


07月19日脳梗塞。79歳。
2002年文化庁長官就任。
2006年08月在任中入院。
2006年11月休職。
2007年01月任期満了退職。
(文化庁は偉大すぎてお仕事をできない方にご退任の進言を申し上げられなかった?)
ユングの研究所でユング派分析家の資格取得。

東京新聞では第一面掲載。さらに別頁に新聞社の人間が04段抜きで「評伝」を執筆。
国際日本文化研究センター顧問(初代所長)梅原猛先生のお言葉を掲載。(河合隼雄さんが同二代目所長を勤めた。)
破格の扱い。

(同センターは中曽根氏が総理大臣在任期間中に設立に尽力。)

こころよりご冥福をお祈り申しあげます。
--
xσ,
mathE..


〜が。転生・生命の連続性を信じていらっしゃったのでしょうか河合"先生"は。
(ブラックに過ぎますか(▼_▼)b?)

"分析家"を文化教育推進のトップにおいた日本って…(素朴なぎもん)…無限後退‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インタビュー;RMTからリンデンドルへ

境真良早大大学院准教授インタビュー(インプレス):

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/special/2007/07/18/16373.html
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

法案=アメリカの要請**

法案=アメリカの要請**
(気持ワルイので結論だけ書いちゃいましょ)

先日の編集・藤本さんのコラム「危険な著作権」ですが、一週後の07月15日に続報が出ています。
要約すると;
 01】年内法案化
 02】アメリカの要請で始まった
呆れます。
02レス】
 「戦後レッジームからの脱却」とか標榜するヒトの官邸がやること?
01レス】
 最近ドワイルド讃のブログ記事を読んで感化されました;アンディー・ウォーホル。近代ポップアートの巨星です。彼が「著作権非親告罪化」の決定した来年の日本に誕生したとしましょう。
キャンベルの缶やマリリン・モンローのシルク・スクリーンのポスター(←ご存じない方はdowild讃の優れた描写をごらんくださいね)を見て、意匠権・肖像権の侵害だとして警察にウォーホルを逮捕させる気ィ?、安倍慘は。winnyの京都府警の扱いでも明らかな低能ニッポンケーサツになんと、アートの分野の解釈をも、させるつも
り?
目もあてられない悲惨な結果になることでしょう。

小泉時代から公になってきましたが「アメリカの要請」から逃れられないんですねニッポン立法行政←司法も?、は。

そんなに怖いのでしょうか「アメリカ」、ワシントンD.C.が。

この際、どういうネットワークでこうなってるのかも見ておきたいのですがどうすれば"dwell in"できるのでしょう。おしえてください。
--
xσ,
mathE..

**
アメーバブロと同内容ですが、現在システムエラーで、
http://ameblo.jp/mathe/
見れず。ブロガーの方のホームページが消えたとの報告もあり、念の為、ココログで保険しておきます。
↑ドワイルド讃もアメーバです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

宇宙マップ改訂

宇宙マップ改訂
アメブロの別バージョン
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

佐藤優論文自衛隊と市民後編

佐藤優論文自衛隊と市民後編
昨日の夕刊東京新聞。
まだ未読。
前編は見逃した。
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

ケイタイハックの実態

ケイタイハックの実態
『テイクダウン』1996

http://ameblo.jp/mathe/entry-10024623203.html
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙飛行士発言集

http://mito.cool.ne.jp/jesuschrist/whatastronautssaw.htm

日本人飛行士はなにをやっているんだ!
--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主任の昆虫ライクなUfo

http://ameblo.jp/aopman2/entry-10036897112.html

--
xσ,
mathE..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »